東京のセクキャバで体験入店をすれば普通の短期バイトより稼げる

セクシーな女性

東京でのセクキャバのルールは体験入店で学ぶ

バスタオルを巻く人

セクキャバのお店ごとにコンセプトがあるので、本格的に働きたい女の子は、お店づくり(テイスト)もチェックしてみましょう。ラグジュアリーなお店が東京には多いですが、ハイクオリティなお店は半個室や個室、VIPルームも用意しているようです。薄いカーテンで各テーブルが仕切られているお店も多く、体験入店では直ぐに顧客の席につけることは稀です。
求人広告には未経験者歓迎の謳い文句がありますが、セクキャバでも接待の基本からマスターします。練習相手となる裏方スタッフにお酒を作ったり、お酌をしたり、立ち居振る舞いから学びます。体験入店では名刺はまだ作られていないので、自己紹介はボーイが行ってくれることもありますが、名刺交換はスマートに行うのがマナーです。セクキャバであっても基本は水商売です。相手の好みを知り、聞き役にまわる、無礼講という言葉を真に受けないなどを体験入店で教わります。
また、今はソーシャルディスタンスの背景も重なり、東京でも手を触れずにトーキングのテクニックが求められています。ですから、身体に自信がなくとも問題はない話です。また、東京に限らず、接客後は衣装チェンジをしたり、シャワールームも完備され、ボディケアも行われていますから安心して働けるはずです。

pick up